?>
Warning: include(/home/hp6/dc-ono.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/modules/widgets/milestone/milestone.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/hp6/dc-ono.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/modules/widgets/milestone.php on line 5

Warning: include(): Failed opening '/home/hp6/dc-ono.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/modules/widgets/milestone/milestone.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/hp6/dc-ono.net/public_html/wp-content/plugins/jetpack/modules/widgets/milestone.php on line 5
顎関節症 | 高崎市金古町の歯科(口腔外科・歯科一般・小児歯科・インプラント )なら口腔外科専門医、おの歯科クリニック
TEL
高崎市金古町の歯科(口腔外科・歯科一般・小児歯科・インプラント )なら口腔外科専門医、おの歯科クリニック
高崎市金古町1943-2 金古上宿バス停前
TEL:027-386-5585

顎関節症

顎関節症の症状は“あごや頭、顔が痛い”、“口が開かない、開けにくい”、“あごを動かすと関節が鳴る”などのあごの関節の不調を示す病気です。

食事や会話の妨げになるだけでなく、症状が強い人では頭痛や首・肩の痛み・憂鬱(ゆううつ)感など、あご以外の症状を伴う場合もあります。

顎関節症は

○筋肉の障害によって起こる I 型

○関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ II 型

○関節円板の障害によって起こるタイプ III 型

○変形性関節症によって起こるタイプ IV 型

の4つのタイプに分類されます。

 

 

顎関節症の原因として

○くいしばり、歯ぎしりなどにより筋肉を緊張させ顎関節への負担によるダメージ

○ストレスによる精神的な緊張により筋肉を緊張させてくいしばりを起したり夜間の歯ぎしりを起す事もあります。

○左右どちらか一方でばかり噛む癖を偏咀嚼といい、片側だけに多くの負担をかけることにより発症の原因となる事があります。

 

顎関節症の検査と治療

症状に応じて検査治療の方法が異なりますが、当院においてはレントゲン検査を施行し顎の動きを確認し必要に応じて他医院にてMRI検査を行います。また治療についてはマウスピースによるスプリント療法、運動療法、筋肉をほぐす薬物療法などを行います。